歯の黄ばみ(ステイン)は虫歯の原因?

オッサンになると汚くなるのでしょうか。また妻から指摘されてしまいました。「この頃、歯が黄色くない? ちゃんと歯磨いてる? 虫歯になるよ」 早速、歯の黄ばみと虫歯について調べてみました。 汚れた手は病気の原因です。だから子供の頃に、外から帰ったら先ず手を洗いましょうと教えられるのです。そうすると、歯の黄ばみも汚れだから虫歯の原因になる様に思えます。でも虫歯予防に関して虫歯菌や歯垢の話はよく聞きますが、歯の黄ばみについてはあまり話題にはなりません。歯の黄ばみは虫歯の原因になるのでしょか?

●歯の黄ばみって何?

歯の黄ばみは、不衛生なものが付着した汚れというよりは、歯の表面に色素が付着沈着したシミです。その色素とはお茶に含まれるタンニン、コーヒー・チョコレート・赤ワインなどのポリフェノール、タバコのヤニなどで、歯を表面を覆っている保護膜のペリクルとこれら成分が結合してステインとなり、少しづつ黄ばんだ色が濃くなっていきます。

●ステイン自体は虫歯の原因にはならない

ステインは歯の表面に沈着した色素なので、それ自体が歯の表面を溶かしたり、細菌が潜んでいて歯を蝕む事はなく、従ってステインが虫歯の直接の原因になる事はありません。

参考:シミ取りクリームの口コミ

●ステインは虫歯の黄色信号

しかし安心するのは早計です。食事や喫煙の後、ステインの原因である成分を歯磨きで除去してやればステインはできない筈です。だから歯が黄ばむ程にステインが溜まったという事は、口腔内の清潔が十分に保たれていない証拠なのです。するとヤニなどで歯の表面がベタつき、そのベタつきに虫歯菌が繁殖したりや歯垢が溜まり易くなるのです。つまり歯が黄ばみ易いお口の状態は虫歯ができ易い状態でもあるのです。

●白い歯はお口の健康から

歯の黄ばみに悩んでいる人は、まずしっかりと歯磨きする事を始めましょう。いくらホワイトニングをしても歯磨きを疎かにすれば元の木阿弥です。物を食べたら歯を磨くという習慣ができれば、ステインが溜まる前にその原因成分は除去されます。そしてそれは同時に虫歯菌の発生も抑える事にもなります。 やっぱり歯の黄ばみと虫歯は大いに関係があるのかもしれませんね。皆さん、しっかり歯を磨きましょう。