ダイヤモンドの指輪の掃除について

プロポーズを受けて婚約指輪をもらったり、結婚をして結婚指輪をはめるなど、ある程度の年齢がいくとなにかと宝石のついた指輪を身に着ける機会が多くなると思います。

そうしたなかで、宝石の付いた指輪をいかにきれいに保つか、悩んでいる方も多いと思います。
特にダイヤモンドの付いた結婚指輪に対して気にしている方が多いと聞きます。
結婚指輪はずっとはめておくべきものと考えている方も多く、調理やお風呂でもずっとつけたままにしている方も多いようです。

結婚指輪の宝石として人気のあるダイヤモンドを限定に、この悩みに言及してみたいと思います。
結論から申しますと、適時に適切なクリーニングをしてあげると、ダイヤモンドの初めの輝きをまた取り戻すということです。
ダイヤモンドは油が付着しやすい宝石です。それが皮脂であったり、食材によるお肉や魚の脂身だったりします。
問題は、汚れるのはわかってはいるものの、結婚指輪という観点からどうしても外すか外さないものかの選択を迫られるということです。

結婚式で永遠の誓いをしたその時に、伴侶からはめてもらったそのリングをそうやすやすと外せないという言葉も聞いたことがあります。それで汚れたり傷がついたりしてもそれが人生だと考えているからだそうです。それもそうだと納得をします。
また、別の観点からみて、いちいちはめたり外したりしているうちに、失くしてしまうのではないかという心配をしている方も多いということです。これも大変な課題だと思います。失くしてしまえば永遠に見つからない可能性が高いからでしょう。
永遠の誓いをしたリングが無くなってしまうほど悲しいことはありません。

指輪を着けたままで生活するか、その時その時に外すかはその人の価値観に委ねられるわけで、そうしたことも含めて、最終的にはどのくらいの間隔で綺麗に保つか、掃除をするか(しないことも含めて)ということはあなたが決めるということを忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です