スマホケースは要る? 要らない?

ガラケーと言われる携帯電話が主流だった頃、私はかわいいストラップ集めをしていました。
そんな私を見て「ストラップなど必要ない」と言っていた母が、今ではスマホケース探しに夢中です。
スマホユーザーの大半がケースをつけていると思いますが、中にはケースは必要ないという方もいます。
ケース必要派にも不要派にも、それぞれに納得の主張があるんです。
そこで、それぞれの主張を詳しく見て行きたいと思います。

【ケース必要派】

スマホを持つならケースも一緒、という意見をまとめてみます。
ケースはスマホを保護するためのもので、落とした時にケースのおかげでスマホが無事だったというエピソードは多いです。
本体をそのまま持つと滑りやすいのに対し、ケースに入っていると滑りにくく落としにくいという利点があります。
また、本体が傷ついたり、汚れたりすることも防げます。
ケースの素材は、プラスチック、シリコン、革が主流です。
ケースの形状は、手帳型、バンパータイプ、背面カバーが人気です。
スマホを守りながら、飾ることができて、人と差をつけられるのがメリットです。
気分に合わせてケースを換えるのも楽しそうです。

【ケース不要派】

ケース不要派が口を揃えて言うのが、ケースを付けたおかげで「スマホ本来の軽さ、操作性、機能性、デザイン性が損なわれる」です。
そもそもスマホは、軽量でコンパクトなところが売りのはずです。
デザインも色も商品毎に工夫しています。
そんなスマホの美しいフォルムをケースで隠してしまうなんて勿体無いです。
更に、バッテリーへの影響を心配する声もあります。
スマホは本体から熱を放出していますが、そこにケースを付けることで熱が放出できなくなり、バッテリーへの負担が大きくなってしまうんです。
ケースなしの方がスマホ本体にやさしいと言えます。

【必要最低限の保護】

スマホは繊細な精密機器なので、ケースでガッチリ守りたくなる気持ちは十分分かります。
しかし、ケース不要派はスマホのデザインを隠したくないからと言って、全く本体を保護していない訳ではありません。
ケースは要りませんが、画面を保護するガラスフィルムを貼っていますし、指や手首にかけて落下を防止するリングやストラップもあります。

これを読んだあなたは、どちらの意見に共感しましたか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です