どの指にする?

誕生石や星座石、或いは好きな色の石など、ジュエリーを選ぶ時の基準は千差万別ですが、どの指にはめるかについてはどうでしょう?

10本の指にはそれぞれ意味があり、同じ指でも右手と左手では意味が変わってくるのだそうです。
なりたい自分、叶えたい願いに応じて、指輪をはめる指を選んでみるのもよさそうですよ。

【右手と左手】

右手は権力、左手は服従や信頼の象徴と言われています。
その他にも、活力を与えてくれる右手、ストレスから守ってくれる左手、行動を起こす右手、感受性の高い左手、こんな風に色々な表現がされています。
まさに、左右対称ですね。
活動的になりたい時は右手に、安らぎを得たい時には左手に、指輪をするとよさそうです。

【小指のピンキーリング】

思わぬチャンスを引き寄せるピンキーリングは、直観力が冴えたり、心を落ち着けたりする効果があり、お守りとして最適です。
新たな恋人との出会いを求めるなら左手小指に、自分の魅力をアピールするなら右手小指にどうぞ。

【薬指のアニバーサリーリング】

左手薬指は心臓に直接血管がつながっているといわれ、古くから命に1番近い指とされています。
そこには神の誓いという意味もあり、愛情を深めたい時は、薬指に指輪をはめます。
また、薬指は動きが少ないので、指輪が傷つかず、エレガントに見える指でもあります。

【中指のミドルフィンガーリング】

想像力を引き出したり、直観力を高めたりするのが中指は、クリエイティブな仕事に従事する方に最適です。
また、行動力も高まるので、目標に向かう時にも力になってくれるでしょう。
左手は、よい人間関係を。右手なら元気を与えてくれます。

【人差し指のインデックスリング】

活動力や自立心を高める人差し指、左手は行くべき方向を指し示し、右手は人を導く指です。
リーダーになったら、迷わずこの指です。

【親指のサムリング】

古代ローマでは、親指に指輪をすると願いが叶うと信じられていました。
弓を引く時、親指の保護のためにリングをはめたのが由縁だと言われています。
左手は目標実現のために意思を貫く力を、右手は困難に打ち勝つ強さをもたらします。

指輪のデザインによって、似合う指が変わってきます。
デザインに似合う指を捜すだけでなく、はめたい指に合うデザインを探すのも楽しそうです。
これを参考に、いつも身に着けたくなるお気に入りの一本を見つけてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です